このサイトは

関東学院大学 経営学部 准教授の赤尾 充哉のブログです。私の研究活動やゼミ生の活動についてご報告します。
お問合せは、akao@kanto-gakuin.ac.jp

2016年11月16日水曜日

赤尾ゼミ (株)KADOKAWA 山本編集長による授業その2

#関東学院大学 #経営学部 #K-biz #KADOKAWA #横浜ウォーカー #山本篤史 #赤尾充哉 #ゼミナール


こんにちは。関東学院大学 経営学部(2017年新設)准教授の赤尾充哉です。

先日お伝えしたように、来年度からの経営学部設立に備えて、新しい学習プログラムをゼミナールで試行中です。
先週に引き続き、(株)KADOKAWA山本篤史 編集長にお越しいただき、赤尾ゼミ2年生の「K-bizウォーカー・プロジェクト」の指導をしていただきました。

プロジェクトの概要と、先週の授業の様子は、こちらでごらんください。
http://akao-labo.blogspot.jp/2016/11/kadokawa.html

さて、今回は学生たちが考えてきた企画提案(収支見込みも含めて)を発表してもらい、さらにその曖昧な部分を詰めていく作業が行われました。
山本編集長からもズバズバと厳しい意見が飛び出ましたが、学生たちは真摯にかつ楽しそうに議論していました。

※「K-biz」は関東学院大学 経営学部の学びを支える基幹プラットフォームです。
 (株)KADOKAWAは関東学院大学 経営学部の学びをともに考えるK-bizサポーター企業の一員です。



以下は私の感想ですが、情報はいくらでも手に入る時代ですから、単なる情報の羅列ではほとんどビジネスにならないんだと思います。
情報を、読者が読みたいと思うコンテンツの形に仕上げなければならないし、そのためにはテーマ性やストーリー性というものを、どのように提示するかが大事なんだと思います。
要するに消費者のニーズをより深いレベルで考えるということなんですが、ここのところが学生にとっては一苦労なようです。

もう一つ苦労しているのは、どこからどうやって収入を得るのか。
当然ですが、お金をもらうということは、その相手にとってお金を払うだけの価値がなければなりません。
その相手というのは読者ではなく、広告主なのかもしれませんし、いろいろなパターンを考えては学生は頭を悩ませていました。
いずれにしても「これにどれだけお金を払う価値があるだろう」と、学生がお金について真剣に考える機会を得たことは良い経験ですね。



--------------
新着投稿

人気投稿