このサイトは

関東学院大学 経営学部 准教授の赤尾 充哉のブログです。私の研究活動やゼミ生の活動についてご報告します。
お問合せは、akao@kanto-gakuin.ac.jp

2015年9月10日木曜日

学会・研究奨励賞を受賞しました

先日、拙稿「ティースとカーネギー学派―学説上の関連についての検討―」 (『経営哲学』第12巻第1号、経営哲学学会、2015年、88~91頁)に対して、経営哲学学会から研究奨励賞をいただき、全国大会にて表彰していただきました。

サイモンやマーチなどとウィリアムソンやティース(ついでにウィンターも)の関連を明らかにする研究をしたい、ということを師匠にお話ししたのは2014年の春のこと。
もちろんこれはかなりの大仕事で、そうすぐにはできるはずもないわけでして。
まずはこのプロジェクトのスタートアップとして、きわめて不完全ながら書いてみたのが上述の原稿です。

不完全なものを発表するな、と言われればそれまでですが、そうでもしないとなかなか前に進まないものです。
でもさすがに、とりあえず書いてみたスタートアップが受賞してはいけないのではないかと思いもしました。
しかし、奨励という言葉を文字通り受け取れば、「このスタートアップ段階の研究を前進させなさい賞」とも言える、と思い込むことにして、過分な評価をいただいたことに感謝したいと思います。

経営哲学学会長の大平 義隆 先生(北海学園大学)と、全力猫背で表彰状を受け取る僕。

左から、ぼく、
学会長の大平 義隆 先生(北海学園大学)、
前々学会長の菊澤 研宗 先生(慶應義塾大学)、
前学会長にしてぼくの恩師の渡部 直樹 先生(慶應義塾大学)、
同時受賞となった永野 寛子 先生(立正大学)

ぼくと永野先生は同じ渡部直樹門下で、ぼくのほうが少しだけ後輩ですが、共に学んだ仲間と言っていいと思います。
この2人でダブル受賞というのは感慨深いと同時に、あとでいろんな人からいろいろ言われるんだろうなと思うとちょっと恐ろしいです・・・^^;

懇親会でスピーチをするぼく(酔っています)

-------------------------------------
新着投稿

人気投稿