このサイトは

関東学院大学 経営学部 准教授の赤尾 充哉のブログです。私の研究活動やゼミ生の活動についてご報告します。
お問合せは、akao@kanto-gakuin.ac.jp

2014年2月22日土曜日

企業理論研究会に参加してきました

昨日は、企業理論研究会に誘っていただきまして、みなさんのお話を聞いて勉強してきました。


写真、左から、立命館大学・石川伊吹先生、千葉経済大学・坂本義和先生、西南学院大学・宇田川元一先生、ぼく、近畿大学・山縣正幸先生。撮影は、日本大学・宇田理先生。

話を聞いているうちに、まやかしの学説研究と、あるべき学説研究との違いが、ぼくの頭の中で少し明瞭になりました。
個人的には、現象に対して深く潜ること、学説に対して深く潜ること、その両輪が重要であって、問題はその「深く潜る」ということをやっているかどうか、だと思いました。
軽やかに体系化する学説研究は、好きじゃないですね、やはり。
今年のスローガンはDive Deepでいきます(笑)

ところで、若手の研究者に対して、学説を読むノウハウをどうやって教育するか、なんて話題まで飛び出して、ぼくは自分ではわりと読めるほうだと思っているんですが、じゃぁどうやって読めるようになったかと言われると分からないですね。
Tacit Knowingの世界ですね・・・。
自分の人生を振り返ってみるに、国語教師として過ごした10年間は、ぼくの経営学者としての重要な部分を占めているのかもしれないですね。